☆ ブログラム参加中!応援ポチっとお願いします! ☆ blogram投票ボタン

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日本人は美術好き?

日本人は美術好き?


 英アート情報誌「The Art Newspaper」によりますと、2009年に世界各地の美術館で開かれた特別展の1日当たりの来場者数調査で、日本の展示会が1位から4位を独占したそうなんです。

 

 1位は東京国立博物館の「国宝 阿修羅展」、1日当たりの来場者数は1万5960人。


 2位は奈良国立博物館の「正倉院展」、14965人。


 3位には東京国立博物館の「皇室の名宝―日本美の華」、9473人。


 4位は国立西洋美術館の「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」、9267人。

 

 国立新美術館の「THE ハプスブルク」が5609人で10位に入ったりもしています。


 ベスト10のうち半分を日本の展示会が占めたことになりますね。


 どれも宣伝でよく目にした展示会ですが、世界と比べてこれほどまで入場者がいたとは驚きですね。


 海外では美術館で開かれる特別展というのは、どういうものがあるんでしょうね?

 


≪関連記事≫

星の王子さま 3Dアニメ映画に

魔女の宅急便 完結


星の王子さま 3Dアニメ映画に

星の王子さま 3Dアニメ映画に

 

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作童話「星の王子さま」が3Dアニメとして映画化されることになったそうです!
 

フランスのアトン・スマシュとディミトリ・ラッサムのプロデューサーコンビが製作します。


サン=テグジュペリの遺族から映画化権を4500万ユーロ(約55億円)で獲得済みとのこと。ものすごい額ですよね。それほどの原作ということなんでしょう。


ヨーロッパ映画としては最大級の製作費が投じられる見込みだそうです。


スマシュは過去に、アヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門グランプリに輝いた近未来SFアニメ「ルネッサンス」を手がけています。


原作に忠実な映画化を目指し、2011年初頭から製作に入る予定だそうです。


サン=テグジュペリの甥の息子で遺族代表のオリビエ・ダゲイがアドバイザーとして参加。「星の王子さま」は、74年のスタンリー・ドーネン監督版など実写では何度か映画化され、TVアニメも各国で製作されています。


長編アニメーションの製作は今回が初となるそうで、いったいどんな映像で楽しませてくれるのでしょうね?

 


≪関連記事≫

魔女の宅急便 完結

 

 


綺麗な青空ですね

綺麗な青空ですね


快晴の日が全国的につづいていますかね?

日本海側は雪だったりするのかな。


富士山が見えるのですが、

いつもいろんな顔を見せてくれています。


遠いので、風がないときなどは見えないのです。

大気の汚れの凄さを実感します。


風が少しでもあると、見える富士山。

青空を背景に雄大な姿を見せてくれるときもあれば、

夕焼けを背景に、朝の薄暗い空を背景に・・

とても素敵な光景で、富士山の素晴らしい形を実感させられます。


青空って素敵な色ですよね。

これって再現できそうで、できない色なんだと思います。

明るさや空気感があり、外でしか体験できない色。


TVでみる青空や絵画での青空。

これも素敵ですが、再現できているかというと、完全ではないんでしょうね。


みんな青空を再現しようと、いろんな色を使いますよね。

いろんな色を混ぜたりします。


今描くとしたら、どんな色で青空を再現してみますか?